明治神宮御苑内鉄骨躯体イペ材木橋

東京都渋谷区明治神宮内御苑に鉄骨躯体のイペ材木橋を施工しました。
鉄骨躯体は亜鉛メッキ仕上げのH鋼(150*200)7.2mを3本使用しその上に
イペ材で根太、床板、手すりで仕上げました。
基礎にはアンカーでしっかり固定しているので強度もしっかりとしております。
都会の森にマッチしたイペ材の木橋となります。

明治神宮へ参拝の際お時間がございましたらご覧ください。
YOUTUBEに動画もUPしております。

   

ご相談はこちら


木橋外観


鉄骨躯体+イペ材木橋


鉄骨躯体施工状況

施工前