ウッドデッキ施工店 耐久性のあるハードウッド使用!  横浜市 尚雲堂  

N氏のブログ
 
ケータイでもご案内
 

尚雲堂トップページ  コラムトップページ > 現在:イペ材?

ウッドデッキ

イペ材?

そもそも当社で使っているイペ材とは一体どういうものかを私なりに噛み砕いてみようと思います。

  「硬い。頑丈、腐りにくい」
・・・これじゃあ簡単すぎますね。

ではもう少し具体的に、お客様からの視点で箇条書きにしてみましょう。

@:一般論
・原産国は中南米、カリブ諸国。
・屋外では30年以上の耐久があるといわれている。
・節がなく水に沈むように木の比重が大きい。
・欧米では水辺での使用が多く塩害に強いとされている。
・高耐久なので腐食が少なく防腐処理の必要がない。塗装の必要もない。
・仕上がりが滑らかで他の木材と比べるとササクレなどが少ない。
・日本に入って約13年。主に公共施設での活躍が見られる。
・ウッドデッキ材、ハードウッド材では最高級とされている。
・施工が難しくイぺ材専門店の技術でないと施工が困難。

A:@をもう少し噛み砕きましょう
・現在はほとんどブラジルから輸入されています
・木造住宅の寿命とほぼ一緒。(針葉樹は5,6年。長くても10年位)
・水に沈む→ということは重い!
・ヨットハーバーやボードウォークなどでの使用が多い。
・硬いから白蟻、害虫の歯が通用しない。腐らないから塗装もいらない。
・多少のササクレは出ますが簡単にメンテできます。
・有名どころは海ほたる、大桟橋(←弊社でも少し作っています!)。
・確かに材料は高いです・・・。費用対効果をどう見るかはお客様次第!
・普通のノコでは切れません、釘は打てません。専門的知識が要求されます。

如何だったでしょうか?
噛み砕き過ぎかもしれません(笑)
まあ結論は

      「硬い。頑丈、腐りにくい」

・・・さっきと一緒ですね。

ウッドデッキマイスター 斉藤ナオキ

尚雲堂トップページ  コラムトップページ > 現在:イペ材?